介護保険最新情報 ~厚生労働省~      一覧はこちら >>

【最新情報】

● 介護保険最新情報 Vol.693[PDF:1.8MB]2019年01月10日<NEW>

「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準、指定居宅介護支援に要する費用の額の算定に関する基準、指定施設サービス等に要する費用の額の算定に関する基準、指定介護予防サービスに要する費用の額の算定に関する基準、指定介護予防支援に要する費用の額の算定に関する基準、指定地域密着型サービスに要する費用の額の算定に関する基準及び指定地域密着型介護予防サービスに要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う介護給付費算定に係る体制等に関する届出等における留意点について」の一部改正について

厚生労働省 老健局 振興課・老人保健課

介護特集                 一覧 はこちら >>

【おすすめの記事】

高齢者の火災を防ぐ、日常生活用具の給付

認知症等で心身機能が低下している高齢者は、調理などで使う火で火災を引き起こしてしまう恐れがある。こうした災害の防止対策として、高齢者に火災警報器、自動消火器、電磁調理器を給付・貸与している自治体がある。

シニアの雇用状況

介護を必要としない元気で意欲的な高齢者は「アクティブシニア」と呼ばれ、社会の担い手として活躍してもらおうという動きが高まっている。団塊の世代が続々と定年に達する年齢を迎えことを踏まえて、退職後のシニアの雇用に関するさまざまな働きかけが行われている。

広がりを見せる介護ロボット

国が定めた「ロボット技術の介護利用における重点分野」として、1) 移乗介護、2)移動支援、3)排泄支援、4)認知症の人の見守り、5)入浴支援の分野が挙げられています。介護ロボットにもさまざまなタイプがあり、「移乗介護」のロボットの1つに、介護する人が装着して体への負担を軽減させるものがあります。